プラグインを使って更に本格的な動画編集

VirtualDubプラグインをVideoPad動画編集ソフトに統合して使う

VideoPad動画編集ソフトはVirtualDubプラグインと統合して使うことで更に多くの機能やエフェクトなどを使うことができるようになります。このページではVirtualDubプラグインをVidePadにインストールする方法と、各種プラグインのダウンロードリンクをご紹介します。

VideoPad動画編集ソフトにプラグインを追加して使う方法:

  1. VideoPadに追加するVirtualDubエフェクトをダウンロードします。エフェクトをダウンロードする際は「VirtualDub」という名前のフォルダを作り、今後はここに全てのVirtualDubエフェクトを保存することをお勧めします。
  2. 必要なVirtualDubプラグインのダウンロードが完了したらVideoPadのプロジェクトを開きます。VideoPadのメイン画面で動画エフェクトボタンをクリックし、「追加」ボタンのプルダウンメニューからプラグインを読み込むを選択して「動画エフェクトプラグイン」画面を開きます。
  3. ファイルを読み込むボタンをクリックし、前述の方法で保存済みのVirtualDubエフェクト(.vdfフォーマットのファイル)を選択した後、開くボタンをクリックします。OKボタンをクリックして動画エフェクトプラグイン画面を閉じます。
  4. 動画エフェクト画面を開くと新しいエフェクトが追加されているはずですので、ここで必要なエフェクトを選択し、必要に応じてパラメータの調整を行います。エフェクトを動画に挿入後、何らかの変更を行いたい場合は、変更するエフェクトを「追加したエフェクト」の一覧から選択することで行うことができます。
VideoPadビデオ編集ソフトをダウンロード 無料ダウンロード


VirtualDub一覧(英語)

映像をコミック調に加工するなど、動画編集を更に楽しくするVirtualDubプラグインが掲載されているウェブサイト(英文)と、各種フィルタの情報です。

MSU Graphics & Media Lab (Video Group)

  • フィルタ名: VirtualDub MSU Cartoonizer Filter
    ダウンロードURL: video-msu-cartoonizer-virtualdub-plugin.soft112.com
    内容:映像を油性画やペンシル画、コミック調にするフィルタです。MSU Cartoonizerフィルタにはユニークな映像が作れる様々なパラメータが搭載されています。また、このフィルタはnon-photorealistic renderingと呼ばれる技法の分野でGraphics & Media Labが初めて開発したフィルタでもあります。
  • フィルタ名: VirtualDub MSU OldCinema Filter 2.0
    ダウンロードURL: msu-old-cinema-2-0-virtualdub-plugin.soft112.com
    内容:映像を古い映画のようにするフィルタです。VieoPadに既に搭載されている「古いフィルム」エフェクトと似ていますが、このプラグインを使うことで更に詳細なパラメータの設定が可能になり、色の調整や、アルゴリズムの修正、様々なアーティファクトを加えることで、まるで本物の古い映像フィルムのように仕上げることができます。各種の色修正機能や、縦線や各種ノイズの挿入、感光や剥離エフェクトの挿入など、様々な機能が搭載されています。
  • フィルタ名: VirtualDub MSU Smart Sharpen Filter
    ダウンロードURL: msu-smart-sharpen-for-virtualdub-video-plugin.soft112.com
    内容:ノイズを最小限に抑え映像をよりシャープに表示することができるフィルタです。VideoPadのプレビュー画面は敢えて解像度を落としてあるため、このフィルタを使った効果を実際に確認いただくには一旦動画ファイルを保存して、VideoPad外で確認いただく必要がありますのでご注意ください。


VideoPad動画編集ソフト


VideoPadについて
スクリーンショット
無料ダウンロード
- Windows版
- Mac版
- iPhone版(英)
- iPad版(英
- Android版(英)
- Kindle版(英)
よくある質問(FAQ)
テクニカルサポート
掲示板
価格と購入